スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MRIが撮影した死の瞬間? 人が死ぬとき、脳は大量のエンドルフィンを放出する

MRIが撮影した死の瞬間? 人が死ぬとき、脳は大量のエンドルフィンを放出する

 写真の説明文には「人が死ぬ前に脳は大量のエンドルフィンを放出し、それにより人は死ぬときに“光”を見たり、とても幸福な気分になる」と書かれており、このエンドルフィンが走馬燈の原因なのではと『Tumblr』ユーザーの間で話されています。

 ただ、残念なことにこの画像がどこから出てきたものなのかが分かりません。説明文で検索しても出てこず、また、Tumblrの元ネタを遡っていくと最終的には404 not foundと、ページが削除されてしまっているのです。

 脳は自分の死が近いと判断したときにドーパミンやエンドルフィンを大量に放出し「気持ちが良い」状態にするとは言いますが、このMRI映像が本物なのかどうか気になりますね。



The Walking Dead - MRI (Brain Scan) AMC STUDIOS



問題のシーンは2分26秒あたりから見られます。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 今日、気になったネタ
genre : ニュース

プロフィール

LAPUTA

Author:LAPUTA
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。